HOME>特集>初めてでも安心して治療が受けられるように取り組んでいます

問診票やカウンセリングシートへの記入

インプラント

歯科医院でインプラント治療を受ける場合、初診であれば問診票に必要事項を記入するケースがほとんどです。大阪の歯科医院によっては、問診票の他にカウンセリングシートを記入することがあります。問診票では既往歴やアレルギー歴などを記入し、カウンセリングシートではインプラント治療に対して何を求めているかなどを答えます。

治療に苦痛は伴わないか

歯の欠損治療として普及しつつあるインプラント治療。治療の選択肢として考える患者が増えていて、大阪にある歯科医院でもホームページなどで情報を公開しています。ところが、初めて治療を受ける人にとって、治療は苦痛を伴わないかと不安に感じることも少なくありません。インプラント治療では外科的な手術が必要ですが、不安を取るための薬剤や、笑気麻酔という不安や緊張を和らげて心身ともにリラックス効果が得られる麻酔を行います。麻酔が効けばほとんど痛みはないでしょう。

コンピュータを導入した治療

自分の歯のように食べ物を噛めるなど、何かとメリットが多いインプラント治療。大阪でも治療が受けられる歯科医院が増えてきました。ただ外科的な手術を伴うため、初めて治療を受ける人は心配になるかもしれません。しかし、治療技術は進化を遂げています。最新のコンピュータシステムが導入され、出血や痛みや腫れを抑えた低侵襲な手術が可能になってきています。このような最新の技術を導入する歯科医院が増えてきていいるので、カウンセリングで説明を受けてみましょう。

広告募集中